需要があるテーマを選ぶ

サーチエンジンで上位を獲れれば爆発的なアクセス数を記録できる

メジャーな分野とマイナーな分野を比較すると、サーチエンジンにて関連キーワードで検索する人の数がまったく違います。そして、まったく市場調査をしないままマイナーな分野(テーマ)に関するホームページを開設しても、そんなにアクセス数を稼ぐことはできません。一方、需要が高いテーマに関するホームページを作った場合、月間検索回数が圧倒的に多いキーワードで上位をとれれば爆発的なアクセス数を記録できる可能性があります。ちなみに、最初から個人が大企業に検索順位で勝てるはすがないとあきらめる必要はまったくありません。サーチエンジンのロボットは運営者の規模をまったく考慮する事はなく順位付けをします。つまり、付加価値が高くて長い滞在時間を記録し続けていれば、良いページと判断されて個人サイト内のページが大企業に順位で勝つ可能性も十分あります。

3語・4語から成る複合キーワードも人気

月間検索回数が多い人気テーマというものは、競争が激しいためホームページを作ってもすぐに上位を獲得できるわけではありません。どんなに内容が良くても、半年から1年くらいは単独キーワードで検索してもなかなか上位に表示されない状態が続く事になります。しかし、需要が高いテーマにおいては単独キーワードだけでなく、2語以上から成る複合キーワードでの検索する人もたくさん存在します。さらに、2語では情報を絞りきれないため3語・4語の複合キーワードも人気です。つまり、1ページ内に長い文章を書き、あらゆる関連キーワードが散らばっている状態にしておけば、意外な複合キーワードでアクセスしてもらえるチャンスを秘めます。そして、文字量が少ないページではなく文字量が多いページを沢山作る戦略をとれば、初期段階からアクセスを増やせる可能性があります。