価値がある情報を提供する

価値ある情報であれば人が集まる

ホームページに価値がなければ誰も見ません。その意味では価値ある情報を載せることが、アクセス向上につながります。ただ、価値ある情報を載せることは難しいかもしれません。インターネットには情報が溢れています。そのためどのような情報に価値があるのかが、分かりにくくなっています。そこで重要になるのが、自分だったら欲しい情報を載せることです。例えば、ダイエットであれば成功した情報が欲しいです。そのような自分でも見たいと思う情報を載せることを心がけます。自分がほしくないのに他の人が欲しいものを探すのは苦労しますが、自分でも欲しいと思える情報は見つかりやすいです。ただ、明らかに価値がない情報は自分がほしくても、載せるのは止めましょう。

特定の人に価値があるとアクセスにつながる

価値ある情報は万人に受け入れられるものではない方が見つかりやすいです。万人に受け入れられる価値ある情報は集めるものに苦労しますし、それをホームページに載せ続けるのは難しいです。そう考えると特定の人が共感する情報を載せることが大事になります。また、そのような人はリピーターになることが多いですので、アクセスを定期的に増やす役割を担うことも期待できます。欲しい情報があるとわかれば、そのサイトを何度も見てしまうのです。他に競合がいない情報であれば、特にアクセスの向上につながります。知りたい人が多くて、ライバルが少ない情報を載せることがホームページのアクセス向上には役立ちます。ただ、誰も見ない情報ではアクセスは伸びません。

HPとはホームページの略でホームページを制作することを言いますが、HP制作意外にもWEB制作やサイト制作などいくつかの言い方があります。